最先端の成功法則

f:id:bikikansin:20170904191139j:plain

「成功者」という言葉から君はなにをイメージするだろうか?

 

一般的にはお金持ちや有名人などをイメージする人が大半だと思う。

 

成功法則というのは、人の数だけ存在し、これが唯一の成功法則というものはない。

 

ただし、僕の考える成功法則というものは、おそらく時代が変わってもそう変わるものじゃないと思うし、また最近の科学でも実証されているから、説得力もあると思っている。

 


その最先端の成功法則とは何か?

 

 

それは、幸せだから成功する、というもの。

普通は成功したから幸せになると考える。

けれど、実は順序が逆なのだ。

 


成功しても幸せになれない人もいる。

 

それは、成功することが幸せとはイコール関係に必ずしも成らないことを証明している。

 


成功すれば幸せになれると思い、必死に頑張って成功しても幸せにはなれない。

皮肉な話かもしれないが、それが真実だ。

 


だからもしも君が何かしら成功することを望むなら、まずは、幸せになることを第一優先に考えて行動していく必要がある。

 

仕事の能力に磨きをかけるのは二の次。

 

まずは、幸せになること。

 


幸せな君がなにかをするこら、また幸せになっていく。

 

雪がゴロゴロ転がり大きくなるように、幸せという雪だるまも大きくなる。

 


逆にいえば、幸せじゃない状態でなにかをしたら、それは不幸の雪だるまを転がしているようなもの。

 


結果的にそれは大きくなるけれど、雪だるまの中身は全くの別物になる。


大事なことなので、自戒の意味も込めてもう一度言いたい。

 


「幸せだから成功するんで、成功したから幸せになるわけじゃない」と。

 


今、幸せと思える人は、もう既に成功者なんだとういうことを覚えておこう。