正しいことで頭がいっぱいの現代人

f:id:bikikansin:20170714193832j:plain

巷の情報に操られる人の多くは、すぐに浮気してしまう癖があります。

あっちがいいな、いやこっちにしよう。

いやいやこっちの方がいいかも?


しっかりと自分なりの考えを持っていないと、それなりの権威がある人が言うと、それがまるで正しいことかのように感じられるんですね。

本当は真実というのは、自分の内にあるものであり、外に求めるものではないんですね。


みんな正しい。

けれど、みんな違う。


ある人にとっては正解が、ある人にとっては不正解となるのが、この世なんです。

学校の試験は決められた答えが1つしかないので、みんながそれを覚えるだけでよかったんです。


けれど、社会に出たら答えなんてなくて、永遠に問い続ける問題集の連続なんです。

問いがなくなること=自分の成長が止まることを意味しています。


ここで少しヒントなのですが、どんなに素晴らしい情報だろうと、それをやって自分が楽しくないのであれば、辞めて下さい。

どちらが正しいのか?

多くの人は選択の基準を正しさで決めるんです。

なぜなら失敗したくないから。

安全、安定の無難な人生を望んでいるから。


けれど、これから先の時代は、ムリにおしりをたたきながら自分を騙し、頑張る時代ではないんです。

個人個人がますます活躍できる時代です。


その時に必要になってくるものが、自分が楽しいと感じるものに全力投球することだと僕は思っています。

選択の基準を、どちらが正しいのか?

ではなく、どちらが楽しいのか?


にすると、自分にとっては、こちらの方が楽しいな、と思う方が自分にとっての正解になります。

たとえ、世間的には不正解に思えるようなことでも、自分がそれを楽しいと思えるのならばそれは正解なんです。

反対に、世間的には正しいと思われることも、自分が楽しくないな、と感じるのであれば、それは自分にとっての不正解になります。


学校教育を受けると、正しいことで頭がいっぱいになります。

ですが、正しいことで人が幸せになるとしたら、もっと多くの人が笑って毎日を過ごしていても不思議じゃないんですね。


たとえば、ブログを更新するにしても、ムリに毎日何がなんでも更新する!と力んでいる人よりも、楽しいから結果的に毎日更新してた!と言う人の方が、遥かに楽しい充実した人生を送れます。

健康にしても同じです。

これが健康にいいんだ!と、ムリに頑張っても自分が楽しくないな、と思うなら楽しいと思える健康法を探した方がいいんです。

なぜかというと、結局楽しくないことは長続きしないからなんです。


一朝一夕で上手くいくことなんてないからこそ、継続することが重要になってくるのですが、楽しくないことを無理に継続すると、精神がおかしくなってくるんです。

健康のために無理に継続していたけど、健康のために特に何もしていなかった人よりも早く死んでしまった、という方もいるんです。


健康に関して言えば、どんな健康法よりも笑って毎日過ごす健康法に勝るモノはありません。

笑えば、細胞が活性化して、癌でもなんでもやっつけてくれるんです。


まさに、笑いは奇跡を起こす力であり、笑うためには楽しいことを日頃から考える練習が必要になります。


正しさで頭がいっぱいの人は、最近笑顔を忘れていませんか?

そんな怖い顔しても、誰も近づけませんよ。

笑う門には福来るです。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)