スマホとの付き合い方を間違えると悲惨な目に

f:id:bikikansin:20170711173456p:plain

明日は雪が降るという噂を耳にして、どんな雪だるまを作ろうかあれこれ考えていた。

そんな少年時代もありました。

今では雪と聞いても、昔のピュアだった頃の少年時代とは違い、極力外出したくない症候群にかかっています。

きっとこれが大人になるってことなんだと思います。


大人になるにつれて、僕らは感動する機会というのが減ってきます。

初体験の時の新鮮な気持ちは、経験値と言う名の魔物に食べられてしまうのです。


はじめの頃は、ワクワクドキドキしていたものでも、大人になるとつまらないと感じるようになります。

それは、別に悪いことじゃないんですけれど、何事にも興味関心を失うと、目の輝きも失われてきます。

輝きを失った目で何を見ても、面白いとは思えないし、相手からも素敵だとは思われないんですね。


その目で、僕らはスマホを見る機会が増えました。

もう、とにもかくにもスマホ


昔では考えることができなかった文明の利器です。

スマホは持ち運び可能なパソコンのようなものです。


スマホ片手に現代人は大忙し。

ご飯食べる時くらいは、スマホを手放してもいいんじゃないかと思う今日この頃ですが、もはやスマホがないと落ち着かない、スマホ中毒に感染している方は多いんです。


スマホを1日忘れただけで、もう自分が自分でなくなる…

そんな不安な気持にさえなるもの、らしいです。


スマホと言えば、line!

そんな合言葉もあると言われるくらい普及したLINEですが、既読がついているのに返信がないと不安で夜も眠れないという方もいるくらい、深刻な事態なんですね。


色々、考えてしまうんでしょうね。


「あれ?既読マークついてるのに何で?」

「え?もしかして嫌われてる?」

「何か悪いことした?」


返信がないということは、返信がないということが答えなんです。


あなたが考えることは、そんなこと気にせず寝ることなんです。

ええ。

自分の健康のために、です。


スマホに支配される人たち」

という論文でも書こうかと思うくらいなのですが、それはまたの機会にでも書こうかと思います。


スマホもいいですけど、目の前に人がいるなら、その人と直接かかわりを持つ時間を多くした方がいいと思います。


五感で相手とつながるんです。


スマホを凝視しても、眼精疲労になるだけです。


人と信頼関係を作る最高の方法は、直接会うこと。

これは、どんなに文明が進んでも変わることのない不変の真理です。


スマホを扱うのも結局は人間です。

人間の魅力をあげないで、スマホの性能だけを重視するような生き方は、おかしいんです。


どんな人が扱うのか?


同じモノでも、扱う人間のレベルによって凶器になることもあれば、人を救う道具にもなるということです。


自分なりの楽しいスマホとの付き合い方ができるといいですね。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)