暴れる若者

f:id:bikikansin:20170711171228j:plain

成人式で、若者が暴れるという類の話は昔からありました。

そして、自称頭のいい大人達は、彼らや彼女らを批判するわけです。

「全く、今の若いモノはけしからん!」と。


1部の若者のせいで、成人みんな悪者に考える思考回路も素晴らしいと思いますが。


若いが故の過ちというのは、誰でもあるものです。

昔はケンカばかりしていた人でも、社会人になってもいまだにケンカをし続けている、という方は稀です。


学生時代はケンカで強い人が、憧れの対象となっていたかもしれません。

ですが、社会人になると、仕事がメインになるんです。

仕事とは、他者への貢献です。


つまり、どれだけ強いか?ではなく、どれだけ他人を喜ばせることができたのか?

戦う次元が異なるんです。


社会人になると、雲の上のような存在の人は、山ほどでてきます。

自分がすごくちっぽけな存在に思えてくることもあるでしょう。


若いうちは、多くの過ちを繰り返すのが普通であり、むしろ過ちや間違い、失敗を多く経験することで、自分で考える習慣が身についたり、創意工夫することを覚えたり、他人の痛みを知ることで優しい心を持てたりするんですね。


もう、僕は成人式を過ぎた人間ですが、彼らや彼女らにメッセージを送るとしたら、今までの学校で受けてきたような勉強から、問題を自分で考えて自分で解く、という勉強の仕方に変わる、ということを話すんだろうなと思います。


決められた答えを覚える、というやり方だけでは、社会では通用しないんです。

教科書通りのやり方だけを覚えても、その通りにならないんです。


攻略の仕方、なんてものはありません。

ですが、攻略のヒントは、そこらじゅうに溢れているんです


答えを見つけようとしてはいけません。

答えを求めるような生き方になると、他人と必ず争いになります。


どちらが正しいのか?

という話に必ずなるからです。


そんなことは裁判官に任せておけばいいんです。


まだ、若いからこそ、なんでもできる可能性を秘めているのは事実です。

ですが、何でもできる可能性を秘めているのは若者だけじゃない。


定年退職したお父さんにだって、チャンスはあります。


年のせいにして、行動しなくなる大人を僕は、今までたくさん見てきました。

ですが、そんな言い訳をしても、時間は過ぎていくだけです。


若者を羨ましいと思うばかりで、自分には何もないと考えてしまうんです。

若者にはない、経験値という最強の武器があるじゃないですか。


どんなに頑張っても、若者にはこの経験値を手に入れることはできませんからね。


若者は年配者から学ぶことは山のようにありますし、年配者も若者から学ぶことは山のようにあります。

お互いがお互いを認め合った時に、それぞれが持つ強みを補い合える関係になるんですね。


成人したみなさんは、これから多くのことを学ぶことになります。

当然、理不尽な出来事も起こるでしょう。


自分だけの考えが正しいと思った時点で、自分の限界はそこまでとなります。

自分よりも結果を出している人がいるということは、そのことを相手から学べるチャンスですからね。


ただ、批判するだけの2チャンネルに登場するような人物になっても、心から楽しいと思えることはありませんからね。


とにかく、成人式を無事に迎えられたみなさんは、大変ついてる方々です。

そして、その陰には、そんな自分を支えてくれた多くの方の協力があったことを忘れてはいけません。

そんなことを考えられる大人になると、きっと素敵なパートナーと将来巡り合うこともできるでしょう。


人生は自分で創るドラマです。


さあ、これからどんなドラマにしていくのかは、監督であるあなた次第ですよ!


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)