ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

世界一の美女

f:id:bikikansin:20170626162650j:plain

相手を見下す人っているんです。

上下関係というのは、人間社会にはありますよね。


ですが、これは上の立場の人が下の立場の人に威張っていいということではありません。

上の立場の人は下の人の立場の人に教えてあげたり、導いてあげる役割があるんです。


社会的な立場が上になると、すぐに威張ったり、相手のことをバカにしたような言い方をする方もいます。

 


日本という国は、アメリカと違い、謙虚を美徳としている精神があります。

なので、謙虚さを失った人は、どんな上の立場になったとしても、いずれその立場ではいられなくなる運命にあります。

短期的な視点で考えると、一時的にすごく得をしているように思うこともあるでしょう。

ですが、人には念と呼ばれる目には見えない力があるんです。


この念が恨みや嫉妬、怒りとなって、自分に跳ね返ってきてしまうんです。

謙虚でいることは、卑屈になるのと違います。


根本に感謝の気持ちがあるかないかの違いで、両者は異なります。

 


また、社会に出ると強い立場にいる人には、すりすりごまをすることが得意な方がいます。

僕は「ゴマすりスト」と呼んでいるのですが(笑)

 


下心があるのがすぐに周囲にもバレてしまうのですが、本人はなぜか気づかないケースが多いのです。

ごまをすることが悪いことじゃないと僕は思っていますが、どうせやるなら相手の立場に関係なく、人類に対してのごますりストを目指してもらいたいんです。

「世界一のゴマすりとに俺はなる!」

そう宣言して社会参加すると、きっと今度は相手から八方美人?とか言われるんです。


そういう時は「八方ブスよりもマシですよね~」

と言えばいいんです。


これからあなたは生きてく過程で、どんどん立場が上がっていきます。

立場が上がるって出世するとか権力を持つとか、そういう狭い話をしているわけじゃないですからね。


相手に教えられることが増える、ということです。


上には上がいますが、下には下がいるのが、この世の中なんです。


自分が知っていることは、出し惜しみしないでどんどん教えてあげればいいんです。

教えて教えられるのが、僕たち人間です。


先祖から受け継いできたものを僕らは1人1人持っています。


自分は知っているけれど、自分はできるけれど、他人はそれを知らないことがある、できないことがある。

その時に、親切に教えてあげることができますか?

ってことが人間には大切なんです。


教えるのが面倒、なんでこんなに教えているのに分からないの?バカなの?

そういう人が、相手から尊敬されることはありません。

この人の為に自分ができることは何でもしよう!とは思いません。


相手をバカにして相手から尊敬されるなんてありえないんですね。

ですが、人はそれをやっていることに気づかないことが多いんです。


エマーソンか誰か忘れてしまいましたが、過去の偉人も言っているように、人は自分よりも優れている何かが必ずあるんです。

それを見つける努力をしないで、相手を一方的に決めつけるのは、本当に狭い価値観で生きることになるんです。


10年後、20年後、30年後…

もしかしたら、バカにした相手の方が、自分よりもずっと立場が上の存在になるということもありますからね。

その時、相手は何を感じているんだろうねってことなんです。


「この人がいてくれたおかげで今の自分があるんだ」って思われる人になりたいものですね。


自分が相手にしたことっていうのは、多くの方が主張されているように、必ず返ってきますからね。

だとしたら、自分は何が相手に与えられるのか?

与えて喜ばれることはなんだろうか?

そう考え、実践した方がいいと思うのは当然のことですよね。


今の相手だけを観ると、ショボイな~ダサいな~キモイな~と思うかもしれません。

ですが、数年後は、カッコイイな~キレイだな~可愛いな~に変わっている可能性もあるんです。


人はそれだけ魅力的になれる生き物なんです。

まさに、周囲も驚くような別人のように変わる人はいくらでもいます。

変わるというよりも、進化と言った方がいいかもしれませんね。


ほとんどの人は退化していく一方ですが、進化を続ける人間も1部いるということです。

もちろん、どちらを選ぶのかは、いつでも自分次第です。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)