ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

人生を変えるために今日からできること

f:id:bikikansin:20170626160451j:plain

「何かを得るためには何かを失わなければならない」

という名言があります。


まさに、その通りなのですが、僕たちは得ることばかりを考えて、失うことを極度に恐れています。

得ることはプラスになるけれど、失うことはマイナスだという固定観念が植え付けられているんです。


実際は失うことを通して、気づきを得ることがあります。

 


その気づきは、失わない限り得ることはできなかったことを考えると、失うことは悪いことだと決めつけることはあまり賢明な対応ではありません。


長年の習慣を捨てる、ということで、新しいものを入れる準備が整うんです。

容器が満たされていたら、それ以上中に入れることはできません。


そんな当たり前のことは誰でも分かっているはずなのですが、それと似たようなことを平気でしてしまうのです。

人にはそれぞれ容量というのがあります。


大きいサイズの人もいれば、小さいサイズの人もいます。

ですが、どちらにも共通していることは、限度がある、という点です。


なので、定期的に容量を調べて、溢れそうならば、1度捨てることが必要になります。


捨てれば、新しいものを入れることができるのですが、人はなかなかこの捨てるということができません。

1度手に掴んだものを離すことができないので、新しいものを掴むことができないんですね。


今までの習慣を捨てる、という決断はとても勇気がいるものですが、それを捨てることでまた新しい何かが入ってきます。

捨てることをしないで、どんどん新しいものを入れようとするから、身も心もボロボロになってしまうんです。

容量オーバーなのに、捨てないと、どこかに必ず害が出てくるんです。


僕は、学生時代の頃から日記を10年以上書き続けてきましたが、それをブログに書くことにしました。

今までの習慣を1つ捨てたことになります。


ですが、それによって得た気づきは多く、自分1人のために書いていたものを誰かのために向けて書くように方向転換したんですね。


メッセージをいただく機会も増えて、今まで以上に勉強するようになりました。

自分の経験が誰かの役に立つのは、とても有難いことですし、何よりノートを何十冊も買う必要がなくなったので、部屋も少しキレイになりました(笑)


僕の場合は、捨てるというよりも、再構築といった方がいいのかもしれませんが、僕の中では1つノートに書くという習慣は捨てたことになります。

何より、ノートに書くよりも、パソコンで打った方が早く済み、文字数も多く書けるので時間も短縮できます。


「捨てる」という決断は行うと分かるのですが、なかなか実践が難しいものです。

捨てることは、自分の中にある固定観念を捨てることにもなります。


固定観念については、また後日ブログで書きたいと思います。


いずれにしても、今までと同じ習慣を続けている限り、人生が変わることはありません、絶対にです。

多くの人は、変わりたいと望みますが、そのために捨てることをしません。


今までの自分と同じままで現状を変えようとしています。


今、自分が青の服を着ていて、赤の服を着ようと思ったら、1度青の服を脱がないといけないんです。

それなのに、上から赤の服を着たり、青の服を着ているのに、赤の服を着ていると思い込んでいる人がいます。


捨てることで、もう2度と同じ自分には戻れない、という恐怖心があるのは分かりますが、じゃあ、そのままで満足なんですか?

ってことなんですね。


捨てることを通して、気づくことって、実はかなり大切なことが多いんです。


そして、その気づきが、人生を変えるきっかけになることはよくある話なんですね。


ということで、新しいことに挑戦するのもいいのですが、是非、捨てることも意識してみて下さい。

捨てても、ゼロにはなりません。


今までの自分の経験は消えませんから。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)