敵が多い人味方が多い人

f:id:bikikansin:20170618170929j:plain

押しつけがましい人っているんです。

自分が使ってよかったモノを、人に「これいいよ!」って伝えるのはいいことなんですね。

ただ、相手が嫌がったら、その場で止めないと相手はイヤな気持ちになってしまいます。


自分が使っていいと思ったものは、相手にとってもいいと思い込んでしまう傾向が僕たちにはあります。

冷静に考えてみたら分かることなのですが、自分が好きなものでも、相手も好きだとは限らないですよね?


ビジネスが絡んでくると、人は押し売りになってしまうんです。

人は売りつけられることを嫌います。


自分がされてイヤなことを、自分は平気で相手にしている、という笑えない話はよくあることなんです。


自分には正しいと思えることでも、相手からすると間違っているんじゃないかと思われることもあります。

正しさの定義は個人で変わるものなんですね。


なので、自分の意見というのに自信を持つことは構わないのですが、それを相手に押し付けるようなことはよくないんです。

あくまで自分は提案はするけれど、選択は相手に任せるというスタンスだと、相手は押しつけがましさを感じることはなくなります。


押しつけがましい人は、自分勝手な人が多く、相手のことを考えているようで本人は自分のことだけしか考えていないんです。


ビジネスの世界に生きていると、様々な勧誘を受ける機会は多くなります。

ビジネスをしていない人でも、日頃勧誘を受けることはあると思います。


勧誘をすることは、僕は今までしたことはありませんし、今後もすることはないと思います。

ネットワークビジネス絡みからの人間関係が崩壊する話は、結構耳にするのですが、これも結局は相手のことを考えているようで、実は全く考えていないんです。

自分の利益のことしか頭にないから、平気でそのようなことができてしまうんですね。


いくら自分がよいと思ったことでも、いくら自分が感動したことでも、必ずしも相手が自分と同じように思うわけではない、ということを覚えておくと、柔らかな考え方ができるのではないかと思います。


相手には相手の考えがあり、それも正解なんです。


そうお互いが相手を認めることができると、グッと争い事は減りますし、ストレスも減ります。

ストレスの多い人間というのは、正しさで頭が詰め込まれている常識人間であり、自分の正しさの範囲に入らない人間は敵だと認識してしまうんですね。


敵が多い人生で幸せな人っていないですからね。

幸せな人は周りに味方が多くいるものですからね。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)