ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

強運な人がこっそり教えてくれた秘密の話

f:id:bikikansin:20170617172318j:plain

人がやりたがらないことや、面倒臭いことって日常生活の中で多々あると思います。

それが仕事であれば、お金のためだと割り切れる方もいますが、仕事じゃないとなんで自分がそんなことをしなくちゃいけないのか?

そう言って気分を悪くする方がいるんですね。

自分ばかり損していると思っているから、そう言ってしまうのでしょう。


ですが、損ってなんなんですか?

それって、本当に損していると証明できるんですか?


人間万事塞翁が馬」という故事成語があるのですが、人間は何が良くて何が悪いのかなんてその時には案外分からないものなんです。

悪いと思っていたことが、実はいいこともあります。

いいと思っていたことが、実は悪いこともあります。


発想や、見方を変えたら、悪く思えることでも、良いことに切り替えることができたんじゃないですか?

気分を悪くして、運勢を悪くすること自体が、1番悪いことなんだと僕は思うんです。

出来事にいちいち不平不満を言って不機嫌になること自体が、既に不幸なんです。


これからする話は非常に重要な話になりますので、あなたの今後の人生でお役に立てたらと思って書きます。

人から頼まれごとをされること自体が、既に運が自分に向いてきているんですね。


多くの人は頼まれごとを嫌います。

理由はできないとかじゃないんです。

「面倒だから」


ですが、多くの人が毛嫌いするこの頼まれごとをバンバンこなしていくと、宇宙にある貯金箱に貯金をすることになるんですね。

すると、そのたまった貯金が幸運を運んできてくれるんです。


不思議な話に思えるかもしれませんが、昔の人はこのことをよく理解していたんです。

「あの人、徳がありますねぇ~」

なんて会話をしていた時代があったんです。


そして、頼まれごとをこなすうちに、自分の得意不得意も分かるようになります。

自分は何が得意で、何が苦手なのか。

何が好きで、何が嫌いなのか。

さらに、頼まれごとを効率よくこなすように工夫することで、賢くもなれます。

人生に応用がきくようになり、臨機応変の力や、柔軟な発想ができるようにもなるんですね。


すべては、頼まれごとをイエスと引き受けたからこそ得られることなんです。


もちろん、どうしてもできない理由や、どうしても断らないといけないこともあるでしょう。

いくら頼まれごとを受けた方がいいと言っても、お金を貸す事だけはお勧めしません。

実際に、貸したら返ってくることはほぼないでしょう。


その程度のことは頭に入れておき、自分でもできる範囲内のことであれば、どんどん頼まれごとは引き受けてみましょう。

最初は、かなり面倒くさいと感じると思います。

そして、自分は損をしているんじゃないか。

楽をしている人が羨ましく時には、憎くなると思います。


ですが、それを引き受ける度に、宇宙に貯金をしてるんです。

目には見えないけれど、チャリンと確実に徳と言う名の貯金をして貯めているんです。

いいことがバンバン起きるような人は、徳を日頃から貯金しているんです。


今日も最後まで読んで下さりありがとうございました(*'ω'*)