ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

友達1000人いても不幸な人

f:id:bikikansin:20170617170115j:plain

すごくいい学び方ってあるんです。

聞いてすぐにできるような人は1000人に1人くらいしかいません。


ほとんどの人は聞いたことをそのままやろうと思っても、なかなか思うような結果にはいかないものです。

小学生の頃、僕は1輪車に乗ろうと思いまして、何回も何回も練習しました。

頭で覚えたわけじゃなくて、何回も転んでは起きて、転んでは起きての繰り返しで、体に覚えさせたんですね。


今は、なかなか1輪車に乗る機会はないですけど(笑)

乗ってください!と言われたら、少し練習すればすぐに乗れると思います。


学校の勉強の仕方に僕たちは慣れているので、勉強=暗記だと思ってしまう傾向が強いのですが、本来の勉強とは、頭に詰め込むだけの知識人だけじゃないんですね。

何でも知っていることは、確かにそれはそれで素晴らしいことですが、社会に出たらそれを相手のために活用して、相手に喜んでもらうことが大切になります。


たとえば、自分は病気で、こんな方法を試したら元気になった、という体験談があれば、身近な人にそれを教えるんです。

すると、同じような病気で困っていた人の救いになります。

「ありがとう」と感謝されます。


社会人になるとどうしてもお金に価値を置く人が多くなります。

豊かさをお金で買えると思っているんです。


お金持ちになりたいということは、とても大事なことだと思いますが、世の中には相手を蹴落としてでも自分を優先したがる人がいるのも事実です。


人間に大切なものはお金ももちろんそうなのですが、それ以上に大切になってくるものが「信頼」なんです。

あの人は信頼できる!


そう相手から思われるような行動を日頃からとっていくことが、豊かな人生を築きたいと思う場合は必要になります。

信頼関係を構築するためのテクニックなるものがありますが、それは上っ面なものでしかありません。


ネット上では友達が1000人いる人でさえ、その1000人と信頼関係ができているのかと言えば、そんなことはないでしょう。

もしかしたら、1人も信頼関係を結ぶことができずに、リアルの世界では孤独な人はたくさんいるのかもしれません。


少し話は脱線しましたが、なんでも頭で覚えようとすることだけが学びだとは思わないで下さい。

実際に何も情報がなくても、ますはやってみる。

そしたら、必ず間違えます。


そこで考えるんです。

次はどうすれば上手くいくのか?


それこそが、貴重な自分にとっての学びとなります。


ほとんどの人は、間違えないような、失敗しないような学びを重視しているため、行動が遅くなります。

色んなパターンを考えて、色んな勉強をしているんです。

もしかしたら、そのパターンは実際にはないかもしれないのに…

必要のないことを勉強している時間を、もったいないと思うのであれば、ぜひ、行動しながら学ぶクセを身につけましょう。


失敗してもいいんです。

間違えてもいいんです。


人生を振り帰り、あの時の経験があったから今の自分が存在しているんだと思えたら、それはいい経験になりますから。


「自分が本当にやりたいこと」

それを優先させる生き方。

もっと我儘になって、行動を起こしてみるのも面白いですよ。


今日も最後まで読んで下さりありがとうございました(*'ω'*)