天才の定義

f:id:bikikansin:20170617164737j:plain

家に帰宅してからの時間の使い方が、自分のその後の人生を大きくするんだ。

きっと、大多数はテレビを見たり、ユーチューブで自分の好きな動画を観たり、お酒を飲んだりするのかもしれない。


それは悪いことじゃないし、自分の人生なんだから、自分の好きな時間の使い方をしたらいいと思う。

ただ、何かを成し遂げる人っていうのは、1つのことに時間を費やすために、その他を捨てる覚悟を持っている。


天才ってこの世にいると僕は思うんだけれど、9割以上の人は僕を含め凡人なんだ。

ただ、天才ってなんだろう?って考えたとき、捨てる決断の早さにあると僕は思うんだ。


なんでもできることや、なんでも知っていることが、世間では天才だと思われているようだけど、僕の考える天才は、とにかく捨てる決断が早い。

だから、次の行動も早いんだ。


多くの人は得ることに価値があると思っている。

多くのものを身につけることに価値があると思っている。


お金を得るため、スキルを得るため、知識を得るため、人脈を得るため、モノを得るため…


捨てることは、自分を身軽にしていくんだ。

生きていれば、多くの汚れもついてくる。


車だって、ずっと走り続けていれば汚れがつく。


汚れを落とすためには、日頃のケアが大切になる。


と、同時に多くのものを身につけることや、得ることで、燃費も悪くなれば、スピードも遅くなる。


今の時代は、スマホの中に多くの情報を入っていて、それを検索することができれば、すぐに知ることはできる。

そんな時代に知識は、それほど価値がないんだ。


僕らがこれから大切にしなくちゃいけないことは、スマホで検索しても出てこない情報なんだよね


その他大勢と同じことを言っても、人の記憶にも残らないし、魅力もない。


自分らしさが、ますます問われてくる時代がやってくる。


そして、自分らしさっていうのは、自分の好きと嫌いを明確にすることで形成されていくものだと思うんだ。


どっちでもいいは、どっちを選んでも自分らしく生きることはできないってこと。


好きなことにフォーカスするように、嫌いなことも自分ではっきり言える大人になることが大切なんだ。


自分はこれがイヤだ。

あれが嫌いなんだ。


そしたら、それがあなたという人間を示すものになる。


好きや嫌いの理由を明確に言葉にすることは難しいかもしれないけど、自分の中で好きと嫌いが判断できるということは、直感の知らせなんだ。

なんでか分からないけど、好き。

何でか分からないけど、嫌い。


心理学者や、精神論の得意な人は、それを分析することができるけど、僕たちにはそこまで必要なことじゃない。


人を嫌うことはよくないって、大人たちは教えてきたんだけど、その大人がケンカしていたりするんだ。

夫婦で罵り合っていたりするんだ。


ムカつくとか、イライラするという感情は抱くものではないって、教えもあるらしいんだけど、人間なんだから、喜怒哀楽があるのが普通なんだよね。


ムカつくことなんてあるんだよ。

イライラすることだってあるんだよ。

普通に生活していたらそんなことは当たり前。


ただ、それを態度に出すか出さないか。


立派に見えるあの人や、この人だって、心の中ではものすごいことになっているんだ(笑)


さあ、今日は家に帰ってから何をしましょうか?

その時間が、あなたの今後の人生を決めることになる。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*'ω'*)