ストレスを抱えて生きるあなたへストレスフリーな人生を送るコツを伝授します

f:id:bikikansin:20170531195349j:plain

ストレスフリーに生きたいと思うあなたへ…

 

今日は僕からのメッセージをお届けしたいと思います。

 

 

最近、ストレスを感じてますか?

 

そのストレスが原因で夜も眠れなかったり、イライラして旦那や奥さん、子どもにあたっていませんか?

 

イライラしていると、またイライラするような現象を引き寄せてしまいますよ!

 

 

で、じゃあ、なんでそもそもそんなにストレスを抱えなくちゃいけないの?

 

ってお話なんですね。

 

 

ストレスって、誰でもあるものなんです。

 

だけど、それを上手くコントロールする術を知っていると、きっとあと20年は長生きできると思いますよ。

 

 

ストレスって、なんで生まれるのか考えたことありますか?

 

真面目な人にストレスは多いって、データがあるんですね。

 

 

真面目な人って、頭の中が正しいことでいっぱいなんです。

 

たとえば、遅刻してはいけない。

 

仕事を休んではいけない。

 

手作りの料理を作らなければいけない。

 

夜は10時には寝なければいけない。

 

毎日掃除しなければいけない。

 

 

どれも正論で、正しいことばかりなんです。

 

 

でもね、いくら正しいことを言っても、その通りにはいかないのが、人間なんですね。

 

だって、人間はロボットじゃないから。

 

感情のある、心を持った生き物だから。

 

 

感情を無視しちゃうんですね。

 

 

~するべきとか、~しなくてはいけない

 

そういう考え方を持っていると、周囲に押しつけがましくなるんです。

 

無意識のうちに、相手にも同じようなことを求めてしまうんです。

 

 

そして、それが実行されないと、ストレスが生まれるんです。

 

つまり、許せないという想いが、ストレスの裏側には隠されています。

 

 

ストレスを感じたら、自分は正しいことで頭がいっぱいになっていないか振り返るといいでしょう。

 

少しくらいいい加減な自分を許すことができると、他人にも寛容になれます。

 

 

僕が、自分に優しく他人にも優しくするといいと思う背景には、そうすることで、自分も相手から許してもらえるからなんですね。

 

 

だって、正しいか正しくないかを判断するのは、裁判官の仕事であって、僕たちの仕事じゃないですから。

 

 

自分は当たり前にできることが、相手ができないとイライラしちゃうっていうのは、自分ができるから相手もできて当然だって考えがあるからなんです。

 

 

でも、あなたはなんでもできるわけじゃないですよね?

 

 

そもそも自分一人で生きることなんてできないんです。

 

すべての人は支え合いながら生かされているんですね。

 

 

自分の常識は相手の常識ではないかもしれません。

 

できないことを責めても仕方ないんです。

 

 

自分にはできて相手にはできないこともあるけれど、自分にはできなくて、相手にはできることもありますからね。

 

 

自分の頭の中を1度整理して、~すべき、~しなくてはいけない、という常識を1度疑いましょう。

 

なんで?

 

って自分で自分に質問してみましょう。

 

 

すると、別にそれらは~しなくても何も問題がないことに気づくかもしれません。

 

ストレスいっぱいの人生を送る人は、相手にいつも動かされているんです。

 

 

本当は自分でイライラするようなことを考えて、勝手にストレスをためているだけなんですって、最初に言おうと思ったんですけど(笑)

 

きっと、最初に伝えても理解してもらえないと思ったので、最後に書くことにしました。

 

 

きっと、ここまで読んでくれたあなたには理解していただけたと思います。

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました(*'ω'*)