なぜ勉強しなくてはいけないのか?の答え

f:id:bikikansin:20170520192601j:plain

勉強が嫌いな人って多いと思います。

 

僕も学校の勉強は嫌いでしたから、勉強嫌いの子供の気持ちは痛いほど分かるつもりです。

 

 

そもそもなんで興味のかけらも起きない科目の勉強をしなくちゃいけないのか?

 

決められたからやるというのは、僕の性格上納得できません。

 

 

人間は目的を持つことができれば、頑張ることができますが、なんの目的も見出すことができないと、いつかイヤになるんですね。

 

なんで勉強しなくちゃいけないのか?

 

 

度々、質問をいただきます。

 

 

僕は、勉強はするものじゃなくて、したいと思うものだと考えています。

 

なので、したくない人はしなきゃいいんです。

 

 

それで、困ったことがあれば、人は勉強するんですね

 

 

僕には、知らないことがまだまだたくさんあります。

 

もちろん、ずっと知らないことはあると思います。

 

 

だからこそ、生涯勉強しないといけないなと思います。

 

 

これは僕が偉いとか、そういう話じゃありません。

 

 

向上したい、と思うのが人間であり、好奇心を失わない人は、常に若いんです。

 

向上心を失った人は、そのままの生活を守ることだけを考えるようになります。

 

保守的な性格になります。

 

 

すると、自分の考え方しか認めないようになってくるんです。

 

 

頭が固くなってくるんですね。

 

きっとあなたの周囲にも頭の固い頑固オヤジがいるとおもいます。

 

 

長年の習慣で、頭はカチカチになっていますから、並大抵のことでは柔らかくなりません。

 

ですが、あなたは相手を変える必要はありません。

 

 

相手はどうにもなりません。

 

 

相手を変えようと努力することは立派な行為ですが、それが実ることってほとんどないんです。

 

つまり、努力の方向性を間違えているんですね。

 

 

どうにかなるのは自分だけ。

 

自分をいかに変えることができるのか?

 

 

自分が変われば相手も変わると言われています。

 

それは事実なんです。

 

 

ただ、ほとんどの人が変わろうとする気持ちを持ちながら、今のままの自分に満足しているんです

 

変わることを心のどこかで恐れているんですね。

 

 

そして、周囲も変わってしまうあなたを非難してくるでしょう。

 

ですが、他人は関係ないんです。

 

 

他人は他人で、勉強する内容が自分とは違うんです。

 

 

学校の教育課程では決められた科目しかありませんでしたが、社会に出ると無限に勉強したいと思うことはあります。

 

 

仕事に関して勉強したいと思うこともあるでしょうし、人間関係や、経済についても学びたいと思うことはあるでしょう。

 

または、病気になれば健康についても勉強したいと思うものです。

 

 

勉強は誰かにやらされるものじゃなく、自らやりたいと思うものなんですね。

 

やらされている勉強で身に着くものは何もありません。

 

 

それこそ、時間の浪費です。

 

勉強することは本来楽しいことなんです。

 

 

ですが、学校の勉強を勉強だと思っているから、勉強嫌いな子供が増えてしまうんですね。

 

 

嫌いなものを我慢し続けて頑張ると、病気になります。

 

我慢するという行為は、一定のラインを超えると、必ず体に害がでてくるものなんですね。

 

それは、ありがたいサインでもあるんです。

 

 

今の生活や、考え方を見直す時期ですよ!

 

というお知らせなんです。

 

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました(*'ω'*)