あなたはどう思う?

f:id:bikikansin:20170503122119j:plain

あんた何様なん?

 

人生では、そう言いたくなるような相手に巡り合ってしまうことがあります。

 

 

相手には必ずいい点がある。

 

だから、悪いところは見ないで、良いところだけを見るようにしよう!

 

イヤイヤイヤ。

 

バカ言っちゃいけないよって。

 

 

人は相手からなめられると、深く傷つくプライドを持った生き物なんですよ。

 

プライドをずたずたにしてくる相手に会うこともあるでしょうし、まさに今、目の前にその相手がいて困っているという方もいるかもしれません。

 

 

僕はいい人ではないから、理不尽なことを言われたり、イヤな傷つくことを言う方がいたら、こう言うんです。

 

「うっせーハゲ!」

 

「うっせーババア!」

 

注意点としては心の声で言うこと。

 

 

口に出して言うことはしませんが、心の声で言うとスッキリしますし、害もないのです(笑)

 

 

清く正しく美しくなんて生きていたら、きっと面白みのない人生になってしまうと思いますよ。

 

 

誰からも好かれようとすることは、裏を返せば嫌われることを恐れていることになるんです。

 

 

これが私!

 

それで嫌われたらその程度の関係だったってことなんです。

 

 

他人にいい顔ばかりしていると、本当の自分の感情を押し殺して生きることになるんです。

 

 

イヤな相手から好かれたら、あなたはイヤな人なんです。

 

イヤな相手からは嫌われていいんです。

 

 

もちろん、多くの人に好かれるに越したことはないと思いますし、書店に足を運べば、人に好かれる方法なるものが、所狭しと置いてあります。

 

 

まだこの世には魂の発展途中の未熟者もたくさんいます。

 

だからこそ、僕らは上からも下からも学ぶことができるんですけどね。

 

 

たとえ、周囲が絶賛しているような人でも、自分はどう思うのか?

 

それを大切にしてほしいんです。

 

思い込むんじゃなくて、自分はどう思うのか?

 

 

私は、なんかこの人イヤだわ…

 

そう感じたのならば、それが自分にとっては正しいんです。

 

 

直感でそれを感じる能力というのが、僕らには備わっています。

 

その声を無視して、最悪な展開にまで発展してしまうことのないように、ぜひ自分の素直な気持ちを尊重してあげてください。

 

 

ムリに相手のいいところを探そうとしなくてもいいんです。

 

本当に魅力的な人というのは、探さなくても、ぜひこういう点を見習いたい!と強く思うものです。

 

 

良いところを探すのは、確かに素晴らしいことです。

 

ですが、良いところを探そうとする行為は、なかなか良いところが見つからない、ということでもあります。

 

 

そういう時は、そんな自分を許しましょう。

 

 

周囲に敵が多くても、自分だけは自分の味方でいること。

 

 

たとえ、他人に裏切られようが、自分は自分を裏切らないようにすること。

 

 

そして、自分の気持ちに嘘をつかないこと。

 

 

 

そんなあなたに、僕は魅力を感じます。