貯金の仕方間違ってない?

f:id:bikikansin:20170430153829j:plain

「趣味は貯金」

 

あなたの趣味はなんですか?

 

と尋ねられてある人がこう答えたんですね。

 

 

もちろん、人それぞれ考え方があっていいと思うんです。

 

貯金の通帳を見ると、幸せホルモンが分泌される人もいますからね。

 

 

ただ、貯めるだけで使えない人生は、あまり世の中に対して価値を提供していないことになるんです

 

タンスにしまったお金は、そのまま放置されます。

 

お金にも意志があるんです。

 

 

どこかに出かけたいし、まだ経験したことのないことを経験したいと思っています。

 

大切にする、というのは使うことなんです。

 

感謝の気持ちを持って、ありがとうと言い、旅させてあげる。

 

 

そうやって、お金は循環することで、健康になります。

 

 

これは、生命の基本でもあります。

 

キレイな水だって、ずっとバケツの中に入れたままだと、数日で腐ります。

 

え?

 

あんなに綺麗な水が、こんな色になるの?

 

こんな臭いがするの?

 

そんな状態になります。

 

 

これ、お金も同じですよ!ということです。

 

 

貯めてばかりで、使わない。

 

ご飯食べて、もったいないからウンチしない!と言っているようなものです。

 

いつか、病気になってしまいますよね?

 

 

血液も循環させることで、健康を保てるのです。

 

 

お金を使うのは、もったいない。

 

だから、休日は外出しない。

 

 

そういう方もいます。

 

 

お金を使う、というのは誰かの手元に渡るということです。

 

そして、手にしたものは喜びます。

 

 

色んな人を経由して、人を潤してくれる、それがお金です。

 

 

使うのがもったいない…

 

自分に必要だと思われることに対しては、どんどん使わないと、それはせっかく稼いだお金も寂しがります。

 

 

一生懸命働いてお金を貯めて、病気になり、全額無くなってしまったという方もいます

 

 

お金を稼ぐことは生きる上で大切なのですが、それ以上に、その稼いだお金をどのように使うのか?

 

その視点を持つことが大切なんです。

 

 

入口ばかりに着目するのでなく、出口にも着目する。

 

 

これは、日常生活全般に応用できる視点なんです。