ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

やりたいことが分からないのは当たり前

f:id:bikikansin:20170430151720p:plain

「やりたいことが分かりません!」

 

自分の天職に出会うために、何度も転職を繰り返す方もいます。

 

 

僕は、やりたいことがわからないというのは、当たり前のことだと思います。

 

小さい子供に向かって、将来の夢は何?

 

なんて聞く親もいるようですが、そんなのわからないというのが9割以上の子供です。

 

大人でさえ、やりたいことがわからないのですから…

 

 

今の時代、好きなことを仕事にすることが流行っているのか、どうなのかわかりませんが、巷で頻繁に見かけることが多くなった気がします。

 

それだけ、今の仕事になんらかの不満があるのでしょう。

 

 

やりたいことを仕事にできた人は、それはそれで幸せだと思います。

 

ですが、世の中には、やりたいことが見つからない自分は不幸だと感じる方もいるんですね。

 

 

やりたいことをやっても、不幸な人だっていますからね。

 

 

最初から、自分のやりたいことはこれ!と決まっているのなら、話は早いのですが、ほとんどの人はわからないんです。

 

だとしたら、縁ある今の仕事や、与えられた環境の中で、自分ができることを考え、行動したほうがいいんです。

 

 

目の前のことに全力を尽くすと、道が見えてきます。

 

 

全力を尽くしているようで、多くの人は余力がいっぱい残っているんです。

 

寝食を忘れるほど、全力を尽くすことで、今まで感じたことがないものに出会うこともあるでしょう。

 

 

やりたいことがないってことは、これからなんでもできるってことですからね。

 

 

それだけ、多くの可能性があるってことですからね。

 

 

やりたいことを決めるってことは、自分の道を狭く限定してしまうことでもあります。

 

 

僕は、何をやりたいのか?

 

は、あまり意識していません。

 

 

それよりも、どう在りたいのか?

 

どういう自分で在りたいのか?

 

 

これを忘れないようにしています。

 

 

たとえ、どんな環境になろうが、自分の心は自分でコントロールできる男で在りたいと思っています。

 

 

何気ない日常からも、幸せを多く見つけたいと思っています。

 

 

他人に影響されず、自分の軸を見失わない自分で在りたいと思っています。

 

 

そのためには、日ごろからの学びも必要ですし、様々な体験を通して感性を磨くことも大切だと思っています。

 

 

やりたいことは、やって初めて気づくものなんです。

 

最初から食べ物の味がわからないように、まずは食べてみないとわかりません。

 

 

仕事も同じです。

 

まず、与えられた仕事をしてみる。

 

 

その中で、自分が1番仕事ができる人を目指す。

 

 

そのために必要な学びに投資する。

 

そして試行錯誤しながらやってみる。

 

 

その体験は絶対に無駄にはなりません。

 

 

目的意識をもって行動したら、結果からどう改善していけば、よりよい結果になるのか振り返ることもできます。

 

 

やりたいことがわからないだけで、人生に失望しちゃいけないんです。

 

 

生きていくのにお金が必要ならば、どんな仕事でもいいからまずは自分が食べていくことを第一優先して考えるんです。

 

最初からボランティアしても、自分が食べていけなかったら、自分はボランティアされる立場になります。

 

 

なんでも優先順位ってありますからね。

 

 

何を優先したらいいのか考えることも、幸せな人生を送る上では非常に大切なことですからね。