ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

表も裏も必要なの

f:id:bikikansin:20170429140827j:plain

利害関係が絡むことで、今まで親しかった友人との縁が切れる方がいるんです。

 

プライベートだと仲良しでも、利害関係の絡むビジネスとなると、どうしても自分の利益を優先したくなるのが人間なんです。

 

私だけはそんなことはありません!

 

そういう方のほとんどは、いざとなると自分を優先するんです。

 

 

ですが、これは自己防衛機能のついてる人間ならば、普通のことであり、非難されるべきことではないと思うんです。

 

ただ、僕としては、やっぱり寂しい生き方だよな~とは思いますけどね…

 

 

相手にとってもいいことで、自分にとってもいいことしか、この先の時代は生き残ることはできないでしょう

 

どちらかに不満のある関係は、恋愛と同じように長続きはしないんです。

 

 

長続きさせたい意志があるのなら、相手の立場になり想像することと、想うだけでなく、実際に行動することです。

 

 

もともと人間という生き物は、不満を抱くようになっています。

 

アラを探すようにできています。

 

 

ですが、それは悪いことではありません。

 

それを上手に活用できれば、不満をエネルギーに変換することだってできますし、アラを探すことで見えた、人間の欠点を補える自分になることだってできるんですね。

 

 

紙は表と裏がないと紙ではないんです。

 

 

表も必要だし、裏も必要なんです。

 

2つで1つなんですね。

 

 

人生不幸な人っていうのは、表だけ、裏だけしか見ない、読まない、考えない人なんです。

 

反対の見え方、読み方、考え方もできるんです。

 

 

すると、自分と立場が違う人に対して共感できたり、納得できたりします。

 

 

ああ、相手から見たら、相手の方こそ正義なんだ!

 

と、気づかされるかもしれません。

 

 

今までの自分でどうしようもなくなったら、反対のことをしてみると上手くいくこともあります

 

自分では絶対に上手くいかないと思い込んでいるだけであって、本当は上手くいくチャンスを自分から逃していることもあるわけです。

 

 

僕は、生きている限りチャンスだと思っているので、毎日がチャンスの連続なんです。

 

そこら中にチャンスはあるものですし、チャンスは気づくものです。

 

 

チャンスは、みんなに降り注ぐ雨のようなもの。

 

 

それを恵みの雨にするのか、傘をさしてシャットダウンするのかの違いです。

 

 

自分の心の声に従うことで、自分なりの生き方ができたら、誰もが幸せに生きることができます。