読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輝感心日記

日常生活の哲学

成功者の本を読んでも成功できない理由

f:id:bikikansin:20170421190944p:plain

胡散臭い情報ってありますよね?

 

それ本当ですか?と疑いたくなるような情報は、ネット上には雨後の筍の如く次から次へと出てきます。

 

 

特に、成功を目指す志の高い人たちは、様々な情報に触れる機会が多いと思いますし、成功者と呼ばれる人たちの話を好みます。

 

勉強熱心ですし、向上心もあります。

 

人として、とても尊敬できる人たちだと思います。

 

 

ですが、あっちいっては、こっちへいく。

 

あの人のところへいっては、こっちの人へ行く。

 

 

つまり、浮気をしているんです(笑)

 

浮気がいいとか、悪いとか、そういう倫理的なことは僕には分かりません。

 

 

ただ言えることは、自分の軸がグラグラな状態では、自分に必要な情報を見抜くのは難しいということなんです。

 

 

そこで、前回でもお伝えした、本質を見抜くということが大切になってきます。

 

 

物事には必ず本質というものがあります

 

核となるものがあります。

 

 

本質を見抜くっていうのは、与えられた答えをただ暗記することではありません。

 

本質は、1人1人違うんです。

 

 

僕にとって、Aという情報の本質と、あなたにとってのAという情報の本質は異なるんですね。

 

 

どういうことですか?って話なのですが、要は自分の頭で考えて初めて、物事の本質が分かるということなんです。

 

 

簡単に言えば、「なぜ?」という問いかけを繰り返すんです

 

なぜこの人は、こういう行動をとったのか?

 

なぜここのお店は儲かっているのか?

 

なぜこの仕事が存在しているのか?

 

 

考えて自分なりの答えを出すんです

 

そしたら、その答えに対して再びなぜ?と問いかけます。

 

 

いつまで問い続ければいいんですか?ってことになるんですが、もうこれ以上は考えられないというところまでです。

 

問いかけ続ける行為が、物事の本質に近づくことを意味しています

 

 

中心に徐々に近づくイメージですね。

 

 

例えば、あなたがお金持ちになりたいとします。

 

そこであなたは、自分に問いかけるんです。

 

なぜお金持ちになりたいんですか?と。

 

 

そしたら、車が欲しいとか、もっとモテたいとか、色々でてくると思います。

 

そしたら、再び問いかけるんです。

 

 

なぜそれらが欲しいんですか?と。

 

もっと相手から認められたいからとか、不安がなくなるからとか、色々でてくることでしょう。

 

そこで終わりにしてはいけません。

 

まだ続けるんです。

 

 

なぜ、相手から認められたいんですか?

 

そうやって、繰り返すなぜや、どうしてという問いは、本質を掴む上で非常に大切なんですね。

 

ただし、やってみると分かりますが、頭が痛くなります(笑)

 

 

面倒くさくなって、考えることを放棄したくなります。

 

それが、その他大勢の思考回路です。

 

 

他人に言われたことをそのまま鵜呑みにして、実行するだけの思考停止人間です。

 

答えを覚えるというのは、まさに自分で考えることを放棄した人間です!と言っているようなものです。

 

答えを知っているだけでは、なんの役にも立ちません。

 

 

その答えを活かすために、自分にできることを考える必要があります。

 

 

答えが知りたいのならば、今はネット上で簡単に手に入れることができます。

 

それも無料で、です。

 

 

けれど、悲しいかな、人は無料のモノに対しての価値を知りません

 

無料と言われると、たいして価値がないと思い込んでしまいます。

 

 

まあ、有料のものでも、ただ暗記するだけでは、全く意味がないとは思いますけど…

 

 

僕が読者の方に1番伝えたいメッセージは、自分の頭で考えることを続けて欲しいということです

 

誰かに与えらえた答えを覚えるだけじゃなくて、常に答えは自分の中にあると信じて下さい。

 

 

なぜ?

 

どうして?

 

 

子供の頃に大切にしていた感性を大事にして下さい。

 

 

お父さんとお母さんは、どうして結婚したの?

 

好きだからだよ。

 

好きで結婚したのに、どうしてケンカばかりするの?

 

好きということの本質はなんなのか?

 

 

好きとはどういうことなんだろうか?

 

 

考えるきっかけを与えてくれた子供に感謝しましょう。

 

 

分からない…

 

そういう結論でもいいです。

 

 

けれど、物事の奥の奥、本質を知り、自分の軸をしっかりしたものにしたいのであれば、避けては通れない道であり、ある意味、私たち一人一人は哲学者となることで、自分の幸せな人生を送ることができるのだと思います。