読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輝感心日記

日常生活の哲学

テクニックを無限に生みだす方法

f:id:bikikansin:20170421184607p:plain

上手な文章を書きたいと考えている方は多いようですが、上手な文章よりも、伝わる文章を意識することが大切なんです。

 

 

ということで、売れる文章の書き方講座第2弾です。

 

何事にも言えることなのですが、上達する過程というのは実践が必ず伴います。

 

読んだだけ、聞いただけで、上達できるものなどないんです。

 

一朝一夕で身についたものは、失われるのもまた早いものです

 

 

文章を書く際に、意識していただきたいことはいくつもないんです(笑)

 

普通は、いくつもあると思われるかもしれませんが、それらはテクニックに過ぎず、本質を理解していれば、テクニックなど無限に生みだすことも可能です。

 

 

主に、文章を書く際に意識していただきたいことは2つです。

 

①相手からどう見えるか?

 

②目的を意識する

 

この2つを意識して文章を書くことで、まるで別人ですか?

 

と思われる程、文章のスキルは上達します。

 

 

自分が書いた文章が、相手からどのように見えるのか?

 

これが超重要です!

 

 

先生みたいなつまらない言葉でいえば、客観的に見よ!

 

ということになると思います。

 

 

一度、自分の書いたブログなり、メルマガなりを、そのまま送信したり、更新するのではなく、見直すんですね。

 

誤字脱字を見つけるだけじゃなくて、相手視点になって、眺めるんです。

 

 

ここが、いまいちよく分からないな、と感じたら、分かりやすいようにたとえ話を入れることもできます。

 

何だか、真面目な文章でつまらないと感じたら、どこでそう感じたのか考えて、どうすれば面白く同じ内容を伝えることができるのか考えるんです。

 

 

 

あとは、文章を書く際には必ず目的を意識することです。

 

ただ、漠然と書きたいことを書くのも、それはそれで素晴らしいと思いますし、個人の自由です。

 

ですが、その文章を通して読者に起こしてもらいたいアクションがあるのであれば、しっかり目的を意識した文章を心がける必要があります

 

 

ビジネスの世界では、結果がすべてだと言われます。

 

売れなかったら、改善しなくてはいけない、望む結果にならなければ、改善しないといけないと気づくことが大切なんですね。

 

 

 

それと、てんこ盛りで容量をオーバーしてしまうかもしれませんが、大切なことなのでお伝えしておきます。

 

勉強するだけで満足してはダメですよ!

 

ノウハウコレクターなんて言われたりしますが、勉強したら実践しないとなんです。

 

知ったら、即実践なんです

 

 

ああ、それ知ってる!

 

で、終わる人多いですから。

 

 

知っているのと、できるのとでは違うんです。

 

 

1の勉強をしたら、10の実践をすることを心がけるだけで、ノウハウコレクターからは卒業できます。

 

まだ、卒業したくない!というのであれば、たくさん勉強したらいいと思います。

 

 

一生使えるスキルというのは、時間をかけて身につけるものです。

 

時間をかけずに身につけたスキルというのはそれなりの価値しかないということです。

 

 

長くなりましたが、最後まで読んでくれたあなたは、素晴らしい才能を秘めた方だと思います。

 

ここまで読まずにほとんどの人は閉じます(笑)