ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

モノとの関わり方を学ぶことで得られる大切なこと

f:id:bikikansin:20170415191127j:plain

家の中は、自分の心を映し出している。

 

誰かが言っていましたが、誰が言っていたのかは覚えていません。

 

ですが、的を得ているなと感心したので、今日は「モノとの関わり方」についてお話しようと思います。

 


人との関わり方を勉強される方は多いんです。

 

外見を磨いたり、内面を磨く行為はとても素晴らしいことだと思いますし、一生やり続けるだけの価値は十分にあります。


ただし、同時に自分の環境にも視線を向けていただくことで、さらに人生は豊かなものとなります。

 

自分の環境とは、自分の住む場所、つまり家の中ということになります。

 


簡単に言えば、家の中キレイ?

という質問にイエス!と答えられる方は、今回の記事は不要です。

 


ですが、この質問に対して

ノウノウノウ!と答えが返ってくるような方には、是非続きも読んでいただきたいと思います。

 


自分の住む家。

キレイに片付いていると気持ちいいですよね?


新築の頃はピカピカで、毎日家に帰るのが楽しみだった方も、掃除をさぼり、モノを増やす生活を続けた結果、足の踏み場もないほど散らかってしまい、家に帰りたくない症候群の方もいるくらいです。

 


片付けに関しての書籍や、断捨離は以前、大ブームになりました。

 

それだけ、片付けや、掃除、モノを捨てることが苦手な方が多いということになります。


片付け本を出版し、有名になった方もいましたね。

 

片付けが得意な方は、それが自分のビジネスにもなるということです。

 

 


まあ、その話は、今回のテーマと異なるのでまた後日…


現代は、モノが溢れすぎているんです。

モノ余りの時代です。


たくさんのモノが溢れているのに、心は満たされないという現代人は多く、幸せはモノでは補えないことを意味しているのですが、そのことに死ぬまで気づけない方もいるのも事実です。

 

もっといい車が欲しい。

もっといい家が欲しい。


そうやって、モノを増やす生活を続けることで、大切なモノを人は見失います。

 

これは、別にモノだけに限らず、人やお金、情報にも当てはまります。

 


増やすことばかりを僕らは教え込まれています

増やすことに価値があるように教育されているんです

 


僕は、増やす事ばかりを追いかけるのは、とても辛いことだと思うので、自分の許容量を超えない生活を心がけています。

 

増やすことで確かに得られるものもあります。

ですが、それらは長続きしないのです。

 


といっても、頭ではなんとなくイメージできても、本当なのか?と疑いたくなる心は誰でも持っています。

 

なので、得ることに、増やすことにガンバル時期があってもいいと思います。

 

ある程度の月日が流れると、今度は減らすこと、捨てることに価値を見出せるようになります。