テレビゲームよりも面白い人生ゲーム

f:id:bikikansin:20170414194211j:plain

久しぶりにテレビゲームをしようと思い、プレステ4の電源を起動しました。

ちなみに、プレステ4は「龍が如く」というゲームをやるために買いました。


普段は、ほとんどゲームをしません。

というより、テレビの電源すら数か月つけていませんでした。


ゲームはドラクエと、龍が如くの2本しかないのですが、ドラクエをやってみようと思い、起動したんですね。

 

結果は10分で飽きました(笑)

 


目が疲れまして…


小さい頃は、何時間でもプレイできたはずなんですけど、大人になるにつれゲームの世界に入り込むことが難しくなってきたようです。

 


なんか変に冷静になってしまいます。

 

別にこれをクリアしても、誰も喜ぶわけじゃない。

目は疲れるし、頭も痛くなる。

健康にもよくない。


じゃあ、やるな!って話なんです(笑)


おそらく、次回ゲームが起動するのは、数年後だと思います。

 


これで、終わりだと個人的な日記ですので、今日はゲームよりも面白いゲームのお話をしようと思います。

 

 

人生ゲームというボードゲームご存知でしょうか?

みんなでワイワイやった方もいれば、何それ?という方もいると思います。


テレビゲームやるなら、ボードゲームをしなさい!ということではありません。

 


何をしても自由なんです。

ですが、自由という言葉に弱い人は多く、自由はいいことだと思い込んでいる方って多いです。

 

自由には責任が伴います。

 

すべてが自己責任だと考えられる人でないと、自由は望まない方が幸せだと思いますよ。

 


少し、脱線しましたが…


自由についてはまた後日お話するとして…

 


テレビゲームは誰かほかの人が考えて創り出した架空のものなんですね。

 

その中で主人公を強くしたり、ダンジョンを攻略したり、仲間を作ったりするんですね。

 

ゲームのジャンルにもよるので、例外はありますけどね。


で、これを人生に置き換えると、どうなるか?

 


人生の主人公は自分です。

 

自分を強化するためには、肉体的、精神的、経済的、まあ色々強化する項目があるわけですね。

 

そして、生きていれば障害となる人やモノに遭遇する。

そこを克服するために、鍛えるんですね。


女性にモテる人は女性の心をよく理解しているんです。

お金持ちの人は、お金を稼ぐために必要なことを理解しているんです。


自分が魅力的になればなるほど、社会から必要とされるようになります。

色んな人から声を掛けられるようになります。

 


人生そのものをゲームと考えると、自分には何が足りないのか?

どこを強化すればいいのか?

相手を攻略するために必要なアイテムは十分なのか?


すごく楽しいと思います。

 


僕も、自分の人生をゲームのように楽しみたいと思っているので、生涯学び続ける覚悟ですし、困っている人がいて僕にできることがあれば全力で行ないたいと思っています。

 

もちろん、完璧ではないから自分にできないことは相手にお願いすることもあると思います。


ゲームが楽しいのは、あれこれ試行錯誤し、だんだん上手くなっていく過程を実感できるからです。

 

また、ストーリーの続きを知るためには、ゲームを進める必要があります。

 


いつまでも、同じ場所に立ち続けても、何も変わりません。

まず、歩いてみましょう。


興味関心から、どんどん行動してみましょう。

ちょっとした勇気と、行動が、ゲームを楽しむコツです。


初めから展開が分かりきっているゲームなんてやる価値がないんです。

何も学ぶことがないわけですから、ただの作業になってしまいます。