月収20万円の小金持ちと、月収100万円の貧乏人

f:id:bikikansin:20170408160820j:plain

なんのために働くのですか?

そう聞くと、多くの人はお金のためと答える。

生活していくためには、お金は欠かせない、と。

 


ということは、お金について学ぶことって、すっごく重要なことだと思いませんか?

 

学校の授業では、お金をテーマに学ぶことはありません。

 


働く目的がお金である以上、もっとお金のことについて深く学ぶ方が、より豊かに生きられるんですね。


世の中お金じゃないって言うのは、ある程度お金を持った経験がある方がいうセリフなんです。

 

ある程度のお金持ちになれば、世の中にはお金で解決できる問題は多いけれど、すべてが解決するわけではないことを知るんです。

 


お金って、何なのか?

 


そのことを理解していないと、大金を手に入れたところで幸福になることはありません。

 

宝くじで高額当選した人の結末は悲惨な人生が多いと言われていますが、お金の力に負けてしまったんです。

 


お金って、すごく不思議な力を持っているように感じる方もいるかもしれませんね。

 

また、あればあるだけ幸せになれるに違いない、と思いお金稼ぎを永遠に続ける者もいます。

 


お金は単なる紙なんです。

この紙に価値を付けたのが人間です。


価値を交換する共通のものとして生まれたのがお金です。


お金は神のひらめきで作られたものなんです。


お金がない時代は、物々交換の時代でした。

 


僕の貝殻1つに、カボチャ10個とか、そんな時代です。


リヤカーを運ばなければならなかったり、それはそれは大変な時代だったんです。

 


ですが、お金が発明され、お金に価値をつけることで、1円は1円。1万円は1万円の価値を持つようになったんですね。

 


よく、会社勤めされている方に、お給料が低いとかいう話を聞きますが、それは会社の仕組みを学ぶことで解決します。

 

何事も仕組みってあるんです。


このことは別のテーマになるので、また後日にお話しようと思います。

 


今の時代は、経済の時代。

誰もがお金のことについて学ぶ時代であり、このことから逃れることはできません。

 


たくさん稼いだものが勝ちではなく、与えられたお金を使い幸せになる人が勝ちなのです。

 

月収20万円の小金持ちもいれば、月収100万円の貧乏もいます

 


これは、収入よりも支出を抑えればお金は貯まり、収入よりも支出が増えればお金はなくなるんです。


とてもシンプルな法則なんです。

 


お金持ちというのは、20万円のお給料で、1万円貯金できる人のことです。

20万円で借金をしてしまう人は、もっと稼げば解決するのだと思っています。


ですが、足りないという気持ちは、100万円を稼いでもなくならないんです。

 


次は、車、次は家と、稼ぐ金額が大きくなればばるほど借金も増えてしまうんです。


そんなことも覚えてもらえると、今後の人生で役に立つこともあると思います。


お金の話は、すごく大切なことなので、またしたいと思います。