美輝感心日記

日常生活の哲学

誰を信じたらいいのか分からなくなったら…

f:id:bikikansin:20170406205826j:plain

「誰を信じたらいいのか分かりません!」

この人は信じられる!

 

そう思っていた人に裏切られ人間不信に陥る人々を僕は知っています。

 


性善説性悪説かという問題ではありませんが、人間の本当の姿というのは、窮地に陥らないと分からないものです。

 


世の中には情報弱者と呼ばれる方たちに、情報を売りつけるような人がいます。

 

ネットの世界には、普通に生活していたら出会えないであろう、お金持ちがいます。

 

 

それも、まだ20代そこそこの社会経験も浅い若者が稼いでいるんですね。


それで、甘い謳い文句につられて、自分でも稼げるんじゃないか?

そう思い、高額なお金を使う人がいます。

 


学びにお金を使うこと自体は、僕は賛成ですし、むしろなんでも無料で手に入れると考える人たちよりは、ずっと好感が持てます。

 


ですが、ついていく人を間違えてしまうと、大切なお金を捨てることになります

苦労して働いて手にしたお金を、誰に使うか?


ネットでのレビューを信じるのではなく、自分の目で確かめるんですね。

 


信頼に値する人物かどうか。


普段発信している情報から、どんなことを考えているのか。

 


たとえ、どんなにネットで批評されていようが、自分がいいと思うのであれば、自分にとってその人から学ぶことが必ずあるんです

 

反対に、どんなにネットで評判が良くても、自分がなんかイヤだなと思うのであれば近づいてはいけないんです。

 


最終的には自分の頭で考えることが大切になります。

すべては自己責任です。

 


お金というのは、信頼される人に集まるようになっています。

信頼を失えば、人もお金も去っていくんです。


信頼を失うようなことを続けていると、どうなるのか?

人は時に盲目になる生き物です。


常に謙虚な気持ちは忘れないようにしたいものです。