読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輝感心日記

日常生活の哲学

劣化版の自分

f:id:bikikansin:20170405193625j:plain

人見知りすることを、自分の欠点だと思う人がいました。

その方は、誰とでもすぐに親しくなれる人を見て、自分もこの人みたいになりたい!と思ったそうです。

 


人が人に憧れる。

日常生活ではよくある話です。

 


ただ、僕は同じ人間は2人もいらないんだって考えなんですね。

 


言い方は悪いのかもしれませんが、憧れの人をマネしても、その劣化版にしかなりません。

 

また、人には個性というものがあるんです。

 


1人1人に、その人らしさというのがあります。

人は、長所、短所と分けたがりますが、本当はすべてが長所になるんですね。


短気は多くの場合、短所と言われますが、短気の人は仕事が早かったりするんですね。

それ、長所なんです。

 


本当は、今自分の持っているもので、幸せになることはできます

 


ないものが手に入ったら幸せになれるのではないんです。

それは、一時的なものです。

 


多くの人は、ここを勘違いしてしまいます。

 

そして、お金があればたいていの欲しいものは手に入るから、お金を稼ぐことに一生懸命になるんですね。


今に、感謝のできない者は、何を手にしても幸せを実感できることはありません。

 


僕の好きな言葉の一つに、ガンジーの言葉があります。

「明日、死ぬかのように生きよ!

永遠に生きるかのように学べ!」


明日死ぬかもしれない…

これは大袈裟でもなんでもありません。


誰だって明日生きられるという保証はないんです。


すると、今に、感謝できるようになる。

何気ないことが、有難いと思う。

 


けれど、死ぬかもしれないけれど、自暴自棄になってはいけないんです。

学びというのは、一生かけて行うことなんですね。


謙虚でありながら、人から尊敬される人は、意識的であれ、無意識であれ、これを実践しているのではないでしょうか?

 


人から学ぶことは大切なことです。

まずは、真似ることから学習は始まります。

 


ですが、ずっと同じことをマネしているだけでは、その人を超えることはできません。

それに、自分の個性を発揮することなく、人生を終えてしまいます。

 


尊敬する人がいるのは素晴らしいことだと思います。

 

ですが、いつまでも尊敬しているだけでは本当に楽しい人生を送ることはできません。

尊敬する立場から、尊敬される立場になること

 


そのことを、あなたが尊敬する方だって望んでいるはずです。


すべての人から学ぶ気になれば、学ぶことができます。