ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

運の良い人と運の悪い人の1番の違いとは?

f:id:bikikansin:20170403142725j:plain

運のいい人と悪い人。

いったい何が違うのかと疑問に思ったことはないだろうか?


僕は運が良いとか悪いとかそういう解釈は人間がするもので、すべては中立だという考え方だ。

 

だからこそ、世間で言われる運の良いと言われる状況に対してや、運の悪いと言われる状況でさえも、心の持ち方1つでどうにでもなると思っている。


ただし、この人は絶対に運を味方にしているな、と思う人はいるし、この人は絶対に運を敵にしているな、と思う人はいる。

 


その両者の1番の違いは、ものの捉え方にある

ポジティブ思考とか、ネガティブ思考とか、そんな話ではない。

 


簡単に言えば、運が良いと思っている人は運がいい

運が悪いと思っている人は運が悪い。


たったこれだけの違い。

単なる思い込みじゃないか!


そう思われる方もいるだろう。

まさに、その通りなのだ。

 


自分に対して自分はどう思っているのか、感じているのか。


高額納税者で有名な「斎藤一人」さんも、ツイテルを口癖にしている。

ツイテル人はツイテルと言える人

 


もっと詳しく説明すると、本人がついてないと思うような時にこそ、ついてると言えるかどうかで、その後の人生が天国と地獄に分かれるのだ。

 


また、何かで成功した人が、「自分は運がよかっただけです。」

と言う言葉を聞くが、これを信じてはいけない。


マッチョな人が、「僕は何もしてません。」

と言っても信じてはいけないのと同じ。

 


何もしなくても成功できるとか、マッチョになれるとか、そういうことはない。

少し考えたら分かると思うが、中にはそれを信じてしまう者もいる。

 


誰でも簡単に成功出来たり、億万長者になれたら、誰も悩まない。

運のいいと言われる方々も、私たちと同じように悩み、日々問題を抱えながら生きている。

 


けれど、一般の人と違うのは、考え方。

イヤだな~と思うことに対しても、楽しくワクワクしながら取り組むことができる。


自分には価値があることを彼らはよく理解している。