ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

一流の本質

f:id:bikikansin:20170401182112j:plain

自分の知らないことなんてこの世には山ほどある。

でも、すべてを知る時間はない。

永遠の命を与えられない限り、すべてを知ることなどできやしない。

 


必要なことを必要な時に学ぶ

それで十分生きていける。

 


世の中には自分に必要のないことを学ぼうとする者もいる。

 

学校の科目みたいに、限られたものしかないのであれば、集中して学ぶこともできるだろう。

 


僕が1番いいと思う時間の使い方は、仕事に関することに集中して学ぶこと。

仕事というのは、それが社会貢献へとつながっている。


なんの仕事をするのかは、人それぞれ違う。

けれど、仕事を通じて社会に貢献していることは共通している。

 


だったら、もっと真剣に仕事のことに関して学ぶのも面白いと思う。

 

その仕事のプロフェッショナルとなることで、さらなる需要は高まり、自分の元へ仕事が殺到することになる。

 

それは、社会に自分が求められているということでもある。

 


なんでもできることを世間では、天才と呼ぶらしいが、そんなものは天才でもなんでもない。

 

そんなことは不可能なんだ。

 

 


これだけは絶対に負けない。

そう思えるものを持てるかどうか。

そのための努力を惜しまず続けることができるかどうか。

 


自分にとって本当に必要な学びのために時間を使える人が、人生を制する。

 


自分にとっての学びって何なのか?

そう考える方もいる思う。


自分にとって必要な学びというのは、「問題」という形や、「悩み」という形で現れることが多い。

 

問題点や、悩み事

 

実は、それは学びの材料となる。

 


その問題や、悩みは僕とあなたでは違う。

けれど、それを解決することで人生が豊かなものになることでは共通している。


たった1度の人生だ。

何を学ぶか?


その道のプロとなるために、常に自分を磨き続ける覚悟のある者が1流となる。