読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輝感心日記

日常生活の哲学

夜の営み

f:id:bikikansin:20170326112224j:plain

今日は、セックスの話をしたいと思います。

一応アダルト向き、ということを考慮して大人の時間に更新です(笑)


「セックス」という言葉を聞くと、どんなイメージがありますか?

 

セックスは子供を作る行為だと思っている方もいれば、1つのスポーツのような感覚で楽しむ方もいます。

 

 

セフレという言葉もあるように、セックスするための異性も存在します。

 


倫理的な問題もあるので、どれが正しくてどれが間違っているかとかは正直な話、おいらには分かりません。

 

ですが、セックスにおいては、心と体が溶け合うような関係がベストだと個人的には思っています。

 


究極のコミュニケーション、それがセックスなのです

 

 

好きな異性の裸を見たい。

触りたい。

 


そう思うのは、自然の欲求であり、恥ずかしいことではありません。

 

世間のセックス事情に流される必要はありませんが、セックスを悪だと考えると、人生はつまらなくなるでしょう。

 


マンネリ化すると、セックスも苦になりセックスレスになる方もいます。

だからこそ、セックスは体だけでなく頭も使うことが大事なんです。

 


ただ自分が気持ち良ければそれでいいと考えるのであれば、1人でマスターベーションでもした方がいいんです。

 

 

相手あってこそできるものです。

相手に与える喜びを是非、体感して下さい。

 


そして、与える行為というのは、日常生活の中で意識して行うと、確実に人生が好転します。

 

 


多くの人はもらうことばかり考えているのです。

自分が得することばかり考えているんです。

 


だから、損することをすごく嫌います。

メリットを感じないことは何もしません。

 


ですが、自分が少し損すると、誰かが得をするんです。

相手に得させてあげる。

 


これが、与えるということの本質です。

そして、これが自然とできるようになると、生活も豊かになっていきます。

 


与えることにフォーカスして生きるようになると、物事を見る視点というのが変わってきます。

 

相手の喜ぶ顔見たさに行動するようになり、行動の動機が愛となります。

 

そこには、怖れがないので、結果上手くいくことが多いのです。

 


では、夜の営みを今後も大切にして下さい(笑)