おっぱいを大きくしたいって?

恋愛相談や、人生相談を受けることがあるんです。

 

変態なおいらのアドバイスを実践する方もいれば、苦笑いで終わる方もいます。

おいらは相談と言う名のエネルギー泥棒からは、即逃げるようにしています。

 


男は解決。

女は共感。

 


これは、カウンセラーをする方々にとっては基本事項です。

 

ちなみに、おいらはカウンセラーではありませんが。

 


ネット上でも、リアルでも、相談を受ける度に思うことは、悩みの種は千差万別なんだな~ということです。

 

一人一人、悩むことって違うんです。

 


中には「おっぱいを大きくしたいです!」って女性の方もいます(笑)

いや、確かにおいらも男だから、おっぱいは大好きですよ。

 

でも、それ以上に大切なのは、おっぱいを大きくしたい動機なんです。

 


動機って、すごく大切で、動機に感動して協力してくれる方も出てくるんです。

 

自分のためだけの動機よりも、自分のためにもなるけれど、相手のためにもなるっていう動機に対して、人の心は動くんです。

 


おっぱいを大きくするのは、より自分を魅力的に魅せたい、という気持ちがあったようですが、より自分を魅力的に魅せたいなら、笑顔を鍛えた方がいいんです、実は。

 


女性って、もちろん美人に越したことはないけれど、愛嬌のある人がモテるんです。

というか、そっちの方がおいらは好きなんです(笑)

 


愛嬌って、可愛らしさです。

可愛らしさって、可愛く見えるってことですからね(笑)

実際は可愛くなくてもいいんです

 


え?それって、ブリブリのぶり子ちゃんになれってことですか?

ってことなんですけど、違います。

 


強いて言えば、そうなんですけど…

 

 

24時間、ぶりっ子を演じ続けることで、愛嬌は出てきます。

 

ぶりっ子というのは、あの人には良い顔するけど、この人には嫌な顔をするんですよね?

 

みんなに同じ顔で接すればいいんです。

 


この世にモテる方法というのは、存在しますがそれが万人に当てはまるわけではありません。

 

そもそも、モテる方法なんて人に聞くことではないんです。

 


どんな問題に対しても言えることですが、こうするといいよ!と言うことはできます。

 

また、このままいけば、確実に悪い方向にいくよ!

ということも言えるんです。

 

 

でも、それは相手の学びの機会を奪うことになるんですね。

 


解決の方法というのは、おいらなりにはある。

けれど、それをそのまま実践しても必ずしもうまくいくわけではない。

 


そういうと、じゃあ、相談しても意味ないじゃないかって言うんですけど…

相談することで、自分を客観的に観ることができるんですね。

 


悩みの最中にいると、人は自分を見失うんです。

 

冷静になれないんです。

盲点が大きくなるんです。

 


だから、おいらはその盲点を見させるんです。

すると、相手が気づくんです。

 


相手に気づきを与えることで、相手は勝手に変わるんです

 

ですけど、頑固だとなかなか気づくことができない。

 

素直にならないと、どんなにいい話を聞こうが、人生が良くなることはないんです。