アクセス1のブロガー

f:id:bikikansin:20170316124900j:plain

いろはすのトマト味って、どんな味なんだろう?と気になる今日この頃である。

飲んだ人に感想を聞いても、実際に飲んでみないことには分からない。

 


「トマトの味がしたよ!」

と言われても、トマトの味はどんな味なのかを説明することはおいらにはできない。

味の説明って、言葉でするのは限界があるんだ。

 

だから、言葉でなんでもかんでも理解しようとは思わない方がいい。


これは、おいらのブログにも言えること。

 

ハッキリ言って、普通の神経している方には、よく分からないことが度々出てくる。

 

そういう人は、頭の中に???が出てきて、再び訪問することはなくなる。

 


強いて言えば、おいらのブログは、完全なる日記の一部として書いている。

役に立とうが立つまいが、自分の想いを赤裸々に綴る日記なのだ。

 


なので、「楽しいかどうか」が続ける基準になる

 

中には反応がなかったり、アクセス数が少ないと、更新する意味がないと落ち込んでし

まう方もいるようだ。

 

が、おいらにはそんなの関係ねぇ~となる。

 


アクセス数、1だったら、その1人がまた読みたくなっちゃうような、読者になりたく

なっちゃうような記事を書けばいいんじゃないか?

 

人気のブロガーさんと呼ばれる人と、自分を比較する必要がどこにあるのか?

 


比較しては、それを落ち込む材料にしちゃダメなの。


比較したら、自分より優れている相手の所を盗むんだ

 

学生時代は、カンニングすると怒られるけれど、社会に出たらカンニングしないとダメ。

 

他人のいい点は、どんどん盗んで自分にプラスしていけばいいの

 


自分よりも、結果出しているとしたら、その相手から素直に学ぶ。

それを謙虚って言うんじゃないか?

 


いつまでも自分の考えにとらわれて、自分のやり方を貫き通す人って、魅力がないんだ。

 

それ以上に伸びることは絶対にないからね。

 


まあ、そんなこんなで今日から、仕事が始まるわけだ(笑)


え?

おいらの仕事は何か?って?


それは秘密のアッコちゃん。

(ウザいよね)


今日もありがとう(*'ω'*)