王子様の言葉

f:id:bikikansin:20170313161709j:plain

「大切なものは目には見えない」

 

星の王子様で有名なサンテグジュペリの言葉。

 

目に見える物質で多くの人が価値があると思い込んでいるものの1つがお金だ。

 

もちろんお金には価値があるのだけれど、それは価値があるように社会の仕組みができているから。

 

実際はただの紙きれでしかないのだけれど、このお金の不思議な魔力に負け人生を台無しにしてしまう人は後を絶たない。

 

 

お金の話は超、超、ちょーう重要なのだけれど、大人たちは教えてはくれない。

 

お金との付き合い方とか、お金の稼ぎ方とか、お金の遣い方とか…

 

学校で教えてくれたらお金で困る人は少なくなるのに。

 

 

まあ、「お金」はおいらも大好きだし稼ぐのも大好きだから、今後お金の話もしていくつもり。

 

 

ここでは、たとえ目に見えなくても、大切なことはたくさんあるんですよ、ということで続きを書いていこう。

 


たとえば、相手を思いやる心。

 

親が子を想う気持ちとかは、目に見えないし、どのくらい想いがあるのか数字で表すことはできない。

 

けれど、確かに存在するものだよね。

 


人が誰かに恋する気持ちだって、目には見えなくても存在している。

 

目に見えることだけがすべてだと思っていると、人間の視野はグッと小さくなるだよ。

 

 


たとえば、おいらはあの世の存在を信じている人間なのね。

もちろん、それを証明できるわけじゃない。

だけど、なんていうのかな、死後も自分の物語があると思うと楽しいじゃない?

 

それに、知り合いに臨死体験した人がいて、その人の話なんかきくと、本当に今世でお

終いってわけじゃないんだなって思ったのね。

 

 

世の中には死んだら無になるだけだと思う人もいる。

 

だから、生きている間に楽しまなければ損だという発想になる。

 

自分だけが楽しければ、他の人はどうなってもいいという思考になる。


確かに今世で人の命が終わるのなら、そういう発想になってもおかしくないと思う。

 

出来る限り楽しいことをいっぱい経験したいと思うのは普通だよ。

 


けれど、どうやら人は死んで終わりではないな、と気づく時がやってくるんだな。

もちろん、なんとなくのケースも含めて。

 

 

強い魂が女性になるらしいのね。

で、女性は本能的に死後の世界を信じている人が多いの。

 

なんとなくではあるけれど、自分は天国に行けると思っていたりする(笑)

その図々しいところが可愛いだよ♪

 

 


「魂は永遠に不滅です」なんてことを言うと、どこかの宗教みたいに思われるかもしれない。

 

おいらが伝えたいことは、死を意識することで、生き方を見直すきっかけになるということなんだ。

 


ここから先の話はかなり不思議で怪しい話なので、覚悟して読んでいただければと思う。

 

おいらがある人に死後の世界について聞いたことがある。

まあ、死んだら分かることなんだけど、知っていた方が安心するからさ。


人は死ぬと、肉体から魂が抜ける。

そして、周囲に白い光の玉が見えるそうな。


白い光の玉が見えたら、自分は死んだと思うこと。

すると、スムーズに成仏することができる。


時間空間の概念があの世と呼ばれる場所にはないらしいのよ。


つまり、過去も現在も未来も同時にある、ということ。

 

このことを説明することは、時間空間が存在する世界に生きるおいらたちには非常に難しいことなんですけど、要は、死んでお終いじゃないよ、ということです。

 

この地球という場所は物質をもったものの集まり。

 

だけど、目には見えないもの、それが本質であって、その本質を見抜くと物質の中に存在する大切なものに気づくようになるだよ(*'ω'*)

 

本質の見抜き方はまたあとで書くだよ。