ちょっぴりエッチな成功哲学

疲れたあなたの心を解きほぐす癒し系ブログ

タラれば娘を見て感じたこと

f:id:bikikansin:20170313145614p:plain

結婚したら幸せになれる!

そう思う女性は多いらしい。

 

「タラれば娘」を見ながらこれが世間一般的な結婚に対する女性のイメージなのかなと思ったのね。

 


そして、結婚したら周囲は祝福し、これであなたも幸せだね、なんてお祝いの言葉をいただく。

 

でもほんとは、結婚したら幸せになれるんじゃないんだ。

 

相手の嫌な所が次から次と雨後の筍のように、ニョキニョキと出てくる。


つまり、結婚というのは修行(笑)

 

どういう修行ですか?っていうと、相手と自分は違うんだってことを学ぶんです。

 


私だけは違う…

そういう気持ちは誰にでもあると思います。

 


ですが、結婚すること=幸せだとしたら、離婚するカップルは少なくて済むんです。

ですが離婚するカップルは減るどころか増えています。

 

 

相手に幸せにしてもらおうという考え方が、実は不幸の始まりなんです。

 


「幸せのなり方」なんて本当は記事にわざわざ書くのもどうかな?

と思ったんですけど…

 

なんか胡散臭いし(笑)

 

幸福になれるツボでも買わされるんじゃないかって思われるかもしれませんし。

 


まあでもオイラのこうするといいよ!っていうのがありますから、これをシェアしたいなと思います。

 


まず、幸せというのは、○○したら幸せになる!と考える時点で不幸なんです。

なぜなら、○○できなければ永遠に自分は幸せになれないということだからです。


そうじゃないんです。


○○しなくてもそのままの自分で十分幸せなんです。

 

あれがあったら幸せ、これがあったら幸せではなくて、あれがあってもなくても幸せ。

 

これがあってもなくても幸せ。


つまり、今の自分を幸せだと思える人が、幸せな人なんですね

 


ですが、多くの人は幸せな出来事が起こるから幸せになるのだと思い込んでいるんです。

宝くじで高額当選したら幸せになれる!みたいな。

 

ただ、それは一時的なものだから長続きしません。

 


たとえば、欲しい車があってやっと手に入れることができたとします。

でも、一瞬は幸せを実感できますが、人はすぐに飽きるんです。

そして、今度はまた別の何かが欲しくなるんですね。


人間の欲には限度がないんです。

 

欲が悪いわけではないけれど、欲にとらわれて、常に現状に不満を持っていたら、そ

いう人と一緒にいたいとは思いませんよね?

 


幸せとは、気づきなんです。

 


気づきのセンサーは、感性を磨くことで高くなっていきます。

 

たとえば、近所の公園を散歩しているだけでも、気づきのセンサーが高い人は、花を見

てとても幸せな気持ちになることができます。

 

でも、気づきのセンサーが鈍い人は、ゴミにしか目がいきません。

 


自分に与えられている環境の中にも、良いところもあれば、悪いところもあります。

 

どちらに目を向けるか。

 

それによって、得られる気づきも異なります。

 


結婚は、修行だと言いましたが、修行を乗り越えるからこそ、人は成長することができるんです。

 

結婚生活を上手く長続きさせるためには、相手に期待しないこと。

そして、相手を変えようとしないことです。

 


簡単に言えば、自分の我をなくす訓練だと思えばいいんです。

 


女性はキレイになることが幸せなんです。

男性は、そんなキレイな女性を連れて歩くことが幸せなんです。

 

だから女性が幸せになりたいなら、どんどんキレイになればいい。

外見も内面もね。

 

そして男性が幸せになりたいなら、どんどん女性にモテたらいい。

こんな男になぜこんな美女が!?って周囲から思われても関係ないんだな。

 

つまり男女ともに幸せに関係していることは魅力なんだって思うだよ(*'ω'*)