どこ見てるんですか?

f:id:bikikansin:20170923164951j:plain

最近は相手の目を見ずに話をする人が増えた、という話を聞きました。

 

草食系男子が増えている背景にも、これは関係があるのか?

 

そんなことも考えましたが、僕は、草食系男子が増えた背景はインターネットの普及によって、気軽に女性のヌードが観れるようになったからだと思っています。

 

昔はモザイクの向こう側を見るのは大変だったんです…

という話はさておき(笑)


(ニーズがあれば夜に更新します)

 


体調を崩して病院へ行ったんですね。

 

で、医者はパソコンを見て、カタカタと打ち、患者である僕の顔は数秒しか見ていません。

 


きっと僕が美女であればその医者もじっくり見てくれたのかもしれませんがね。

 


医者にとっては、患者を何人も何人も見ているので、イヤになってしまう、ということもあると思いますし、1人1人の話をじっくり聞いていたら、いつになっても終わらない、という現状もあると思います。

 

ですが、僕が感じたことは、これなら自力で治した方がマシだな、ということでした。

 

わざわざ時間と労力をかけて病院へ行かなくてもよかったんじゃないか?


そう思ってしまう自分がいました。

 


人は自分のことが大切に扱われていないと思うと、もうその相手とは会いたくない、と思ってしまいます。

 

ですが、逆に言えば、自分のことを大切に扱ってくれたら、その相手ともう一度会いたいなと思うものなんです。

 


そして、そのために、相手の目を見て話をするというのは最低限のマナーとなります。

 

パソコンに向かって話をしても、患者は自分が大切にされているとは感じません。

 


そういうことすら分からない医者が良い医者だとは僕は思わないので、たとえ偉くなっても相手のことは尊重する態度や姿勢は大切だな、と胸に刻みました。

 

勉強代だと思い、病院へ行ったと思えば安いなと感じたのでした。